四条大路

しじょうおおじ

別称 西四条大路(右京)[1]
造営当初の規模(『延喜式』記載)
現在の通り 四条通(しじょうどおり)
東は東大路通から西は松尾大社交差点に至る通り。寺町通~西京極大路推定地が平安京の四条大路にあたる。

平安時代、この大路沿いには公家の邸宅が点在し、右京でも朱雀院(すざくいん/朱雀大路との交差点の北西角)、淳和院(じゅんないん/道祖大路との交差点の北東角)、西宮(にしのみや/皇嘉門大路との交差点の北西角)などの大規模な邸宅が営まれた。
この大路に沿って、東洞院川が室町小路から西洞院大路まで西流し、西洞院川に注いでいたとされる。[2]

平成二(1990)年度の左京五条四坊の発掘調査[3]及び平成十二(2000)年度の左京四条四坊の発掘調査[4]では、万里小路との交差点を東へ入った地点が平安京造営当初は低湿地や窪地であったが、平安時代中期後半に整地され、宅地として開発されたことが判明した。
調査地点付近では、室町時代に空白期を除いて都市的様相を呈していたようである。

天延二(974)年、祇園会(ぎおんえ/祇園祭)の神輿渡御(みこしとぎょ)[5]が初めて行われ、これ以後、継続して行われるようになったようだ。[6]

平安時代中期以降に右京が衰退した後も、この大路の右京部分は松尾へ向かう道路として存続した。
平安時代末期以降、この大路の左京部分は商工業の中心地として栄え、七条大路と並んで京内で最も繁華な街路となった。

八坂神社の『祇園社家記録』によれば、永治二(1142)年に四条橋が架橋され、祇園社(八坂神社)への参詣路のため「祇園橋」とも呼ばれた。
四条橋の架橋によって、祇園会の神輿渡御の神幸路(神輿が通るルート)も四条橋を通るように改められたものと考えられる。

鎌倉時代以降、四条町(町小路との交差点)に商工業座が集中し、鎧座・弓矢座・太刀座・刀座・綾座・錦座・小物座などがあったという。
人家が密集していたことから、四条町を中心とする地域で火災が頻発した。

応長元(1311)年、浄阿真観(じょうあしんかん)が東京極大路との交差点の北東角にあった祇陀林寺(ぎだりんじ)を賜って金蓮寺(こんれんじ)と改め、時宗四条派の道場として「四条道場」と呼ばれて繁栄した。
金蓮寺の山号は「錦綾山」であるが、この大路の南北の錦小路と綾小路から一文字ずつを取って付けられている。

南北朝時代には、祇園会で山鉾巡行が行われるようになった。
神輿渡御と山鉾巡行という2つの祭事が祇園会の中心となり、四条大路を中心に展開された。
応永三十二(1425)年・応永三十三(1426)年の『酒屋交名』によれば、東京極大路から堀川小路にかけて20軒の酒屋があったようである。[7]

中世には、この大路の北側、宇多小路~馬代小路に小泉城があった。[8]
築城時期や破却時期は明らかではないが、『上杉本洛中洛外図屏風』にも描かれ、戦国時代の三好氏と松永氏の戦闘でしばしば登場する。

文正二/応仁元(1467)年~文明九(1477)年の応仁の乱はこの大路の左京部分を荒廃させ[9]、祇園会も途絶えてしまったが、右京部分では西大宮大路との交差点付近にあった高西寺[10]周辺に茶屋が10軒以上軒を連ね、賑わっている様子が参詣した公卿を驚かせている[11]

この大路の左京部分は、明応年間(1492~1501)頃までに一応の復興がなされて再び繁華な街路となり、この大路は高倉小路~油小路の西が下京惣構(しもぎょうそうがまえ/下京の市街を囲った堀と土塀)の内側に位置し、概ね東洞院大路~油小路の西は下京の市街を形成した。[12]
祇園会も明応九(1500)年に再興された。

戦国時代の京都の景観を描いたとされる『日吉山王祇園祭礼図屏風』にも、四条大路を進む山鉾巡行の様子が描かれており、この大路に面した板葺き屋根の町家の屋上で山鉾を見物する人々や大路上で山鉾を見物する侍たちの姿がみえる。
また、戦国時代の下京の町々の両端となった各交差点にあったとされる、釘貫(釘抜/くぎぬき)と呼ばれた木戸門の様子も描かれている。

天正十八(1590)年、通りの左京部分は豊臣秀吉によって再開発された。
天正十九(1591)年には、祇園社の大政所御旅所(おおまんどころおたびしょ/高辻通と烏丸通との交差点の南東角)と少将井御旅所(しょうしょういおたびしょ/夷川通と東洞院通との交差点の北西角)が統合され、寺町通との交差点の東(現在地)に移転した。
また、同年、秀吉によって現在の河原町通の西側と現在の西土居通付近に「御土居」(おどい/京都市街を囲った土塁と堀)が築かれたが、四条通には出入り口が設けられなかったため、祇園会の神輿渡御では、祇園社から御旅所まで四条通をまっすぐ進むことができなくなり、三条通への迂回を余儀なくされたようである。[13]

慶長六(1601)年には、現在の河原町通の西側に御土居の出入り口が開かれ、以前のように通行できるようになったという。[14]
元禄十五(1702)年に描かれた『京都惣曲輪御土居絵図』によれば、現在の西土居通付近にも江戸時代に入ってから御土居の出入り口が開かれたようである。

江戸時代の四条通は、祇園社前から大宮通にかけて、作り花・鼻紙入・衣裝人形・御所文庫・帳屋・鳥屋・竹道具屋・羽箒屋・人形屋・染手拭・楊枝・薬種屋・菓子屋・おしろい屋・紙屋など様々な商家が軒を連ねる繁華街であった。[15]
江戸時代に描かれた『京大絵図』や『京都指掌図 文久改正』を見ると、鴨川に架かる四条橋は、三条や五条の橋と比べると簡素な橋だったようである。

大宮通から西へも千本通を越えて道が延び、壬生村(千本通の東側)や西院村(御土居の西側)を通って梅津・桂などへ通じていた。[16]
西院村では、丹波街道(道祖大路にあたる)と並んで中心的道路となり、中の橋通(現在の佐井西通)との交差点は村の中心地で商店が軒を連ねていた。[17]
しかし、壬生村と西院村の間では人家が途切れ、田畑が一面に広がっており、現在の西新道との交差点付近では、明治時代中頃まで夜になると追いはぎが出没したという。[18]

堀川通以西には、この通りに沿って四条川が西流していた。[19]
この川は四条堀川にあった堰から取水し、堀川通~大宮通は暗渠となっていた。
文久三(1863)年以降は四条川の一部が西高瀬川として利用され、慶応四(1868)年の『京町御絵図細見大成』には千本通との交差点の西北に「西高瀬舟入」が記載されているが、明治二(1869)年、京都府の水路改良計画によって西高瀬川は三条通に沿うルートに付け替えられた。
四条川はその後も残り、明治二十七(1894)年の平安京遷都千百年事業で編纂された『平安通志』付図「平安京舊址實測全圖」では、現在の葛野大路通付近まで四条通に沿って流れる四条川が確認できるが、大正時代から昭和時代にかけて暗渠となり、現在では痕跡はほとんど残っていない。

明治四十四(1911)年に始まる道路拡築事業により、四条通の東大路通~大宮通が拡幅された。[20]
大正元(1912)年には、京都市電四条線四条大宮~祇園石段下(後に祇園に改称)が開業し、四条通の大宮通以東に電車が走ったが、昭和四十七(1972)年に全線廃止された。
大正十(1921)年から15年近くにわたって行われた京都都市計画道路新設拡築事業では、四条通の大宮通~西大路通が京都市区改正街路12号線として拡幅され[20]、ほぼ平安時代の道幅を取り戻した。
百貨店や金融機関などが集中して商業の中心となっており、幹線道路としても重要な役割を果たしている。

祇園祭の山鉾巡行は幾度か巡行路の変更がなされたが、巡行のスタート地点となり、「注連縄(しめなわ)切り」や「籤(くじ)改め」が行われる四条通の地位は不動である。

平成二十六(2014)年~平成二十七(2015)年に実施された四条通歩道拡幅事業では、川端通~寺町通~烏丸通で車道が片側2車線から片側1車線に減らされ、歩道部分が拡幅された。[21]

[1]『拾芥抄』所収「西京図」
[2]『京都坊目誌』(『新修京都叢書』第17巻、臨川書店、1976年、24頁)
[3]小森俊寛・上村憲章「平安京左京五条四坊」『平成2年度 京都市埋蔵文化財調査概要』(財)京都市埋蔵文化財研究所 1994年
[4]吉崎伸・南孝雄「平安京左京四条四坊」『平成12年度 京都市埋蔵文化財調査概要』(財)京都市埋蔵文化財研究所 2003年
[5]旧暦の六月七日、神霊を乗せた3基の神輿が祇園社(八坂神社)から京内の御旅所(おたびしょ/神社を出た神輿を仮に安置する場所)へ渡り、7日間とどまった後、旧暦の六月十四日に御旅所から祇園社へ還る祭事。
[6]河内将芳『絵画史料が語る祇園祭 戦国期祇園祭礼の様相』 淡交社、2015年、24~28頁
[7]『酒屋交名』(『北野天満宮史料 古文書』 北野天満宮、1978年、34~46頁)
[8]小沢嘉三『西院の歴史』 1983年、142頁 京都大学人文科学研究所山下正男教授(当時)が考証を重ねた結果、当地にあったのは間違いないとのこと。
[9]『京都坊目誌』(『新修京都叢書』第17巻、臨川書店、1976年、297頁)
[10]現在、西大路四条交差点北東角にある高山寺の前身
[11]『山科家礼記』文明十三(1481)年八月十日条
[12]高橋康夫『京都中世都市史研究』 思文閣出版、1983年、「第30図 戦国期京都都市図」
[13]中村武生『御土居堀ものがたり』 京都新聞出版センター、2005年、21~23頁
[14]『八坂神社記録』所収「祇園社記」
[15]『京羽二重』(『新修京都叢書』第2巻、臨川書店、1969年、23~24頁)
[16]『京町鑑』(『新修京都叢書』第3巻、臨川書店、1969年、275~278頁)
[17]小沢、前掲書、310頁
[18]小沢、前掲書、299~300頁
[19]小沢、前掲書、142~145頁
[20]建設局小史編さん委員会編『建設行政のあゆみ 京都市建設局小史』 京都市建設局、1983年、26~28頁
[21]これによって渋滞が発生したことから、平成二十八(2016)年2月に実施された京都市長選挙では、歩道拡幅事業の賛否が争点の1つとなった。

検索エンジン等から直接来られた方はこちらへ。