左女牛小路 さめうしこうじ

↑六条大路
七条坊門小路↓

別表記

左牝牛小路[1]・左目牛小路[2]・佐妻牛小路[3]

別称

右女牛小路(左京)[4]

造営当初の規模
(『延喜式』記載)

現在の通り1

通称:上ノ口通(かみのくちどおり)
東は鴨川東岸から西は柳馬場通に至る通り。東京極大路推定地以東が平安京の左女牛小路にあたる。

現在の通り2

花屋町通(はなやちょうどおり)
東は河原町通から西は葛野中通(宇多野吉祥院線)に至る通り。堀川通〜西京極大路推定地が平安京の左女牛小路にあたる。

現在の通り3

旧花屋町通(きゅうはなやちょうどおり)
東は新町通から西は堀川通に至る通り。全区間が平安京の左女牛小路にあたる。

昭和六十一(1986)年度の左京七条二坊の発掘調査[5]では、現在の堀川通との交差点で平安時代前期の左女牛小路南側溝が検出されたが、約2.4m北にずれていたことが判明した。

平安時代、この小路沿いには平安京の官設市場であった東市(ひがしのいち/猪隈小路との交差点の南側)・西市(にしのいち/西靱負小路との交差点の南側)、清和源氏の六条若宮(ろくじょうわかみや/西洞院大路との交差点の北東角)などの邸宅があった。
小路名は、六条若宮の邸内にあった「左女牛井(さめがい)」という名水に由来するという。

この小路の右京部分は、平安時代中期以降の右京の衰退とともに衰退していったと考えられる。
平安時代末期には、東洞院大路以東に平時忠(たいらのときただ)や平資盛(たいらのすけもり)など平家の邸宅があった。

鎌倉時代以降、左女牛井付近に平家琵琶の法師が集住したという。[6]

文正二/応仁元(1467)年〜文明九(1477)年の応仁の乱はこの小路の左京部分を荒廃させ[7]、乱後は下京の市街の外に位置した[8]ため、この小路沿いは田園風景が広がっていたとみられる。
天正十八(1590)年、通りの左京部分は豊臣秀吉によって再開発された。[7]

寛永十八(1641)年、この通りの大門通〜千本通を中心とした地域に遊郭が移され、その移転の様子が島原の乱のようだといわれたことから、「島原」と呼ばれた。
大門通との交差点の西側には、島原の東側の出入り口であった島原大門が現存する。

花屋町通は新町通から千本通の一筋東までであったが、第二次世界大戦中の建物強制疎開(空襲による延焼を防ぐ目的で防火地帯を設けるため、防火地帯にかかる建物を強制的に撤去すること)によって、一筋北にあった万年寺通(まんねんじどおり)の延長線上(新町通〜堀川通)に新道を開き[9]、花屋町通とつないで全体を花屋町通とした。
これによって、新町通〜堀川通の花屋町通は「旧花屋町通」となった。
JR山陰本線(嵯峨野線)以西は戦後に都市計画道路として建設されたため、直線的に延びている。

東西の本願寺付近には、仏具店が点在する。

[1]『拾芥抄』(『故実叢書』第22巻、明治図書出版、1993年、408頁)
[2]『扶桑京華志』(『新修京都叢書』第22巻、臨川書店、1972年、5頁)
[3]『東寺百合文書』ヱ函/92/8/
[4]『拾芥抄』所収「東京図」
[5]平安京調査会 小森俊寛・原山充志「平安京左京七条二坊・八条二坊」『昭和61年度京都市埋蔵文化財調査概要』(財)京都市埋蔵文化財研究所
[6]「角川日本地名大辞典」編纂委員会編『角川日本地名大辞典 DVD-ROM』 角川学芸出版、2011年
[7]『京都坊目誌』(『新修京都叢書』第17巻、臨川書店、1976年、305頁)
[8]高橋康夫『京都中世都市史研究』 思文閣出版、1983年、「第30図 戦国期京都都市図」
[9]建設局小史編さん委員会編『建設行政のあゆみ 京都市建設局小史』 京都市建設局、1983年、36〜40頁及び別添地図その2「建物疎開跡地利用計画図」

検索エンジン等から直接来られた方はこちらへ。