町小路 まちこうじ・まちのこうじ

←西洞院大路
室町小路→

別称

町口小路(まちぐちこうじ/中御門大路以北)[1]
町尻小路(まちじりこうじ/土御門大路以南)[1]

造営当初の規模
(『延喜式』記載)

現在の通り

新町通(しんまちどおり)
北は玄以通から南は十条通を下がった地点に至る通り。十条通を下がった地点から南へ久世橋通までも新町通と通称される。一条通〜九条通が平安京の町小路にあたる。

平安時代、この小路沿いには公家の邸宅や一条大路から大炊御門大路にかけて厨町(くりやまち/役所ごとに京内に設けられていた下級役人などの宿所)、九条坊門小路との交差点の南西角に施薬院(せやくいん/貧しい病人を収容・治療する施設)があった。

小路名は、近衛大路から中御門大路にかけて修理職町(しゅりしきまち/宮中の修理や造営をつかさどる役所「修理職(しゅりしき)」の厨町)があり、この小路の北側を「町口」、南側を「町尻」といったことに由来する。
平安時代後期から末期にかけて、「町尻小路」と「町小路」とが併称され、次第に町小路に定着していったようである。[2]

昭和六十二(1987)年度の左京北辺三坊の発掘調査[3]では、正親町小路との交差点を上がった地点で、町小路のほぼ中央部から東半部で平安時代中期〜後期の遺物を含む流路が検出され、調査地点付近では、平安時代後期に流路が埋没した後に道路が敷設されたことが判明した。

平安時代後期以降、この小路と各東西路との交差点を中心に店が並び(二条町・三条町・六角町・錦小路町・四条町・七条町など)、特に三条町・四条町・七条町が栄えた。
平安京の官設市場であった東市(ひがしのいち)・西市(にしのいち)に代わって商工業の中心となり、これらの町の店々はお互いに独占的な座を結成し、七条町の干魚座、六角町の生魚御供人、四条町の直垂座、綾小路の紺座、三条町の綿座・鎌座などの町座があった。[4]

朱雀大路に代わって中世の京のメインストリートのような存在となり、人々が密集したことから火災も頻発した。
『明月記』天福二(1234)年八月五日条には、七条町を中心とした地域の焼亡の記事があるが、この地域が日本の財宝を集めたかのような繁栄ぶりであったことが記されている。
応永三十二(1425)年・応永三十三(1426)年の『酒屋交名』によれば、一条大路から塩小路にかけて41軒の酒屋があったようであるが、この数は他の街路と比べても群を抜いている。[5]

南部では、鎌倉時代に八条院御所跡を中心に八条院町が成立した。
鎌倉時代から室町時代にかけて、町小路ではおおよそ八条坊門小路〜八条大路に様々な職能を持った人々が集住し、七条町と並んで中世の商工業の中心地となった。

平成二(1990)年度の左京七条三坊の発掘調査[6]では、北小路との交差点を上がった地点の西側で、室町時代後半及び江戸時代以降の多数の鋳造関係の遺物が出土し、空白期である室町時代後期〜戦国時代を除き、概ね生産工房や細工師に関わる宅地として利用されていたことが判明した。
平成二十一(2009)年度の左京八条三坊四・五町の発掘調査[7]では、八条大路との交差点を上がった地点で、東側溝の中心から西側溝の中心までの幅は約17mあり、「延喜式」記載の小路路面幅の倍に達していたことが判明した。調査地点付近では、室町時代後期以降農地化が進行したと考えられている。

平成十七(2005)年度の左京六条三坊五町の発掘調査[8]では、楊梅小路との交差点部分で、平安時代後期〜室町時代の町小路路面と東側溝が検出された。また、交差点付近では、路面上で室町時代の礎石をもつ柱穴が検出された。『歴博甲本洛中洛外図屏風』には、右隻第二扇の左下に町小路に面した木戸が描かれており、柱穴はこのような木戸の下部構造であると考えられている。

文正二/応仁元(1467)年〜文明九(1477)年の応仁の乱はこの小路を荒廃させた。[9]
明応年間(1492〜1501)頃までに一応の復興がなされ、土御門大路以北が上京惣構(かみぎょうそうがまえ/上京の市街を囲った堀と土塀)の内側に位置し、概ね一条大路以北が上京の市街を形成した。[10]
また、三条坊門小路〜五条大路が下京惣構(しもぎょうそうがまえ/下京の市街を囲った堀と土塀)の内側に位置し、概ね姉小路〜高辻小路が下京の市街を形成した。[10]

戦国時代の京都の景観を描いたとされる『上杉本洛中洛外図屏風』には、町小路を進む祇園会(祇園祭)の山鉾巡行の様子が描かれている。

天正十八(1590)年、通りは豊臣秀吉によって再開発された。[9]
この時、新しい建物が次々に建っていったことにより、「新町通」と呼ばれるようになったようだ。[11]

安土桃山時代には、蛸薬師通との交差点を下がったところに豪商・茶屋四郎次郎清延(ちゃやしろうじろうきよのぶ)の邸があり、徳川家康がしばしば訪ねて宿舎とした。
慶長七(1602)年、北は五条(六条坊門)通、南は六条通、東は室町通、西は西洞院通で囲まれた地域に二条通と柳馬場通の交差点付近から遊郭が移され、「六条三筋町(ろくじょうみすじまち/六条柳町)」と呼ばれた。[12]
この遊郭は、寛永十八(1641)年に島原に移転した。

江戸時代には、南は七条通までで、かざり屋・乗物屋・絵筆・唐傘・提灯・すず屋・家具屋・長崎問屋・芋屋・桐の箱屋・長持屋・素麺・あら物屋など多くの商家が軒を連ねた。[13]
幕末、この通りの西側、下長者町通〜丸太町通には京都守護職邸があった。

明治二十二(1889)年、七条通から三哲通(現・塩小路通)まで延伸されたという。[9]
第二次世界大戦中には、新町通の寺之内通〜下立売通で建物強制疎開(空襲による延焼を防ぐ目的で防火地帯を設けるため、防火地帯にかかる建物を強制的に撤去すること)が行われ、戦後、疎開跡地を利用して道路の拡幅が行われたため、下立売通以北は広い通りとなっている。[14]

現在は中世〜近世の繁華街の面影はなく、裏通りといった印象であるが、通り沿いには繊維問屋が多い。
祇園祭の山鉾巡行では、巡行を終えた山鉾が新町通を通って各町内へ戻っていく。
四条通や御池通と違い、新町通では昔ながらの狭い通りを行く山鉾を見ることができる。

[1]『拾芥抄』(『故実叢書』第22巻、明治図書出版、1993年、409頁)
[2]「角川日本地名大辞典」編纂委員会編『角川日本地名大辞典 DVD-ROM』 角川学芸出版、2011年
[3]辻裕司「平安京左京北辺三坊」『昭和62年度京都市埋蔵文化財調査概要』(財)京都市埋蔵文化財研究所 1991年
[4]森谷尅久監修『京都の大路小路 ビジュアルワイド』 小学館、2003年、57〜58頁
[5]『酒屋交名』(『北野天満宮史料 古文書』 北野天満宮、1978年、34〜46頁)
[6]堀内明博「平安京左京七条三坊」『平成2年度 京都市埋蔵文化財調査概要』(財)京都市埋蔵文化財研究所 1994年
[7](財)京都市埋蔵文化財研究所『平安京左京八条三坊四・五町跡』京都市埋蔵文化財研究所発掘調査概報2009-07 2009年
[8](財)京都市埋蔵文化財研究所『平安京左京六条三坊五町跡』京都市埋蔵文化財研究所発掘調査概報2005-08 2005年
[9]『京都坊目誌』(『新修京都叢書』第17巻、臨川書店、1976年、234頁)
[10]高橋康夫『京都中世都市史研究』 思文閣出版、1983年、「第30図 戦国期京都都市図」
[11]『京町鑑』(『新修京都叢書』第3巻、臨川書店、1969年、204頁)
[12]『京都坊目誌』(『新修京都叢書』第21巻、臨川書店、1970年、245頁)
[13]『京羽二重』(『新修京都叢書』第2巻、臨川書店、1969年、17頁)
[14]建設局小史編さん委員会編『建設行政のあゆみ 京都市建設局小史』 京都市建設局、1983年、36〜40頁及び別添地図その2「建物疎開跡地利用計画図」

検索エンジン等から直接来られた方はこちらへ。